高岡市身体障害者福祉会について

高岡市身体障害者福祉会とは

基本方針

  1. 利用者の尊厳と地域社会との共生・連帯の思想を基本理念とし、公平で公正な法人経営に努める。
  2. 常に健全かつ活力ある経営に努めるとともに、民間社会福祉事業としての先駆性・独自性を発揮し、社会の期待に応える。
  3. 広く法人・施設の機能を挙げて、地域福祉(高岡福祉圏)の充実発展に寄与する。
  4. 役員相互の親睦・交流を深めるとともに、切磋琢磨を怠らず、進んで研修・研究に努め社会の進展に応じた広い視野をもって経営にあたる。
  5. 職員の資質の向上に努めるとともに、より一層意欲を持って働ける勤務環境の改善に努める。

目的

この社会福祉法人は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。

【事業内容】

  1. 障害者支援施設 志貴野苑の設置経営
  2. 障害者支援施設 志貴野ホームの設置経営(施設入所支援事業・生活介護事業)
  3. 特別養護老人ホーム 志貴野長生寮の設置経営
  4. 障害福祉サービス事業(短期入所事業・生活介護事業・自立(機能)訓練事業・就労継続支援B型事業)
    (志貴野ホーム・志貴野ホーム障害者福祉センター・高岡市障害者福祉センター・志貴野苑就労継続支援事業所)
  5. 相談支援事業(高岡市志貴野身体障害者相談支援センター)
  6. 老人短期入所事業(志貴野長生寮)
  7. 老人デイサービス事業(志貴野長生寮デイサービスセンター)
  8. 指定居宅介護支援事業(志貴野長生寮居宅介護支援事業所)

沿革

昭和43年 1月22日 初代理事長木田平一が中心となり財団法人高岡市身体障害者福祉協会を設立し、富山県・高岡市の協力により富山県立志貴野授産所として事業開始(入所定員50名)
昭和58年 6月11日 社会福祉法人高岡市身体障害者福祉会設立認可
昭和59年 4月 1日 重度身体障害者授産施設 志貴野苑開所(新築移転、入所定員50名)
昭和61年 4月 1日 通所事業開始(定員7名)
昭和63年 4月 1日 通所事業を拡大(定員14名)
昭和63年11月30日 創立20周年記念式挙行
平成 元年10月 8日 三笠宮寛仁親王殿下御来苑
平成 3年 6月15日 高円宮憲仁親王殿下、同久子妃殿下御来苑
平成 5年 1月22日 創立25周年記念式挙行
平成 5年 4月 1日 第2代理事長竹中志行就任
平成 7年 4月 1日 身体障害者療護施設 志貴野ホーム開設準備室を志貴野苑内に設置
平成 8年 3月31日 身体障害者療護施設 志貴野ホーム開設準備室を廃止
平成 8年 4月 1日 身体障害者療護施設 志貴野ホーム開所(入所定員50名・ショートステイ定員10名)
平成 8年10月29日 第3代理事長笠島 學就任
平成 9年 4月 1日 志貴野ホームデイサービスセンター開所(小規模介護型身体障害者デイサービスセンター)(利用定員8名/1日)
平成10年 1月22日 創立30周年記念式挙行
平成10年12月23日 天皇誕生日御下賜金拝領・記念植樹
平成12年10月 1日 志貴野ホームにおいて高岡市障害者生活支援事業を開始(志貴野ホーム身体障害者相談支援センター)
平成13年 4月 1日 高岡市ふれあい福祉センター内において高岡市障害者福祉センター開所
(介護型身体障害者デイサービスセンター 利用定員15名/1日)
平成13年 4月 1日 志貴野ホーム身体障害者相談支援センターを高岡市志貴野身体障害者相談支援センターに名称変更し、高岡市ふれあい福祉センター内に開所
平成15年 4月 1日 制度改革により、重度身体障害者授産施設が身体障害者授産施設となる。
措置制度から支援費制度へ。
平成15年 4月 1日 高岡市志貴野身体障害者相談支援センターが志貴野ホームから志貴野苑の所属となる。
平成15年 4月 1日 身体障害者療護施設 志貴野ホーム入所定員を50名から52名に、ショートステイ利用定員を10名から8名に変更。
平成15年 4月 1日 志貴野ホームデイサービスセンターの1日利用定員を8名から11名に変更。
平成15年10月 1日 身体障害者授産施設 志貴野苑入所定員を50名から46名に、通所定員を14名から18名に変更。
平成15年10月 1日 身体障害者療護施設 志貴野ホームにおいて、身体障害者療護施設通所事業を開始。
(B型 利用定員4人/1日)
平成16年 5月 1日 身体障害者授産施設 志貴野苑 入所定員を46名から40名に、通所定員を18名から24名に変更。
平成18年10月 1日 障害者自立支援法に基づき新体系事業を一部開始
(障害福祉サービス事業・相談支援事業)
  • 生活介護事業定員     18名
  • 自立(機能)訓練事業定員 12名
内訳
【主たる事業所】
志貴野ホーム障害者福祉センター 生活介護  8名
(旧志貴野ホームデイサービスセンター) 自立訓練  6名
【従たる事業所】
高岡市障害者福祉センター 生活介護  10名
自立訓練  6名
  • 短期入所事業定員      8名
  • 相談支援事業(対象=原則、高岡市内在住の障害者)
平成19年 4月 1日 富山県立長生寮(特別養護老人ホーム)を当法人への民間移管により「志貴野長生寮」として開所
高岡市立長生寮デイサービスセンター(老人デイサービス)を当法人への民間移管により「志貴野長生寮デイサービスセンター」として開所
平成23年 4月 1日 志貴野ホームが新体系へ移行。
  • 生活介護事業定員   52名
  • 施設入所支援事業定員 52名
平成23年 4月 1日 志貴野長生寮 居宅介護支援事業所を開設。
平成23年 4月 1日 志貴野長生寮 短期入所事業 定員を4名から5名に変更。
平成23年 4月 1日 障害福祉サービス事業において
生活介護事業の定員を18名から22名に変更。
内訳
【主たる事業所】
志貴野ホーム障害者福祉センター 生活介護  10名
【従たる事業所】
高岡市障害者福祉センター 生活介護  12名
平成23年 10月 1日 志貴野苑が新体系へ移行。
<志貴野苑>
  • 生活介護事業定員   33名
  • 施設入所支援事業定員 33名
<志貴野苑就労継続支援事業所>
  • 就労継続支援B型事業定員 20名
平成24年4月1日 高岡市志貴野身体障害者相談支援センターにおいて
 指定特定相談支援事業所の指定を受ける。
組織図
ページトップへ